バスツアーの旅へようこそ
2019年8月15日 関西発富士急行き夜行バスでの飲酒はほどほどに

関西発富士急行き夜行バスでの飲酒はほどほどに

関西発富士急行き夜行バスは直通で目的地に移動できるので便利ですが、短距離区間を走るわけではなく長距離の走行です。

時間帯も関西発富士急行き夜行バスは夜間になるので、飲酒をしてほろ酔い気分になり気を紛らわしたいと考える人もいるかもしれません。自宅でのいつもの睡眠であれば、晩酌をして気分の良いままお布団に入ることができますが、夜行バスは他の乗客への配慮もしながら、皆がマナーを守って乗車をするのが基本です。車内でお酒を口にすることを考えるなら、飲酒のマナーもキチンと守らなければなりません。

一般的にお酒を口にすることで、それだけよく眠れるような印象が持たれています。飲酒量がとても少ないと、体内では興奮した神経を穏やかにしてくれますし、ストレス緩和作用もあるため、これが良い眠りへ誘うと言われる理由です。ところが羽目を外して飲酒量が増えてしまえば、この限りではありません。過度の飲酒は脳幹部という、睡眠をつかさどる部分を麻痺させてしまうので、逆効果となり熟睡が妨げられてしまいます。

到着したらすぐにアクティブに遊びたいために、関西発富士急行き夜行バスでたっぷりと飲酒をしてしまうと、安眠どころではなくなるため要注意です。深い眠りではなく浅い睡眠になり、何度も夢を見ては脳にそれだけ負担がかかります。質の良い眠りを夜行バス内でするためにも、飲酒は最初から控えるか、もしくは飲むのであれば、お酒の量を少なくすることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *