化粧水の役割を知って正しく使おう

by:

フィールズロダン美容

化粧水の本当の役割を知っていますか。洗顔後になんとなくつけるもので役割なんて考えたことがない方が多いのではないでしょうか。化粧水には保湿効果がないからつける必要がないと解釈し、洗顔後にいきなり美容液をお使いの方もいらっしゃるかもしれません。確かに、それ単体では保湿効果は期待できませんが、だからと言って不要なものではないのです。

そこでその役割について今一度見直してみましょう。洗顔後に肌につけるわけですが、これは肌を整えるために行います。肌の一番外側の角質層を整えることで、肌に必要な成分を補給するための美容液の浸透を良くするわけです。そのためいきなり美容液をつけてしまうと成分が思ったように肌に吸収されずにそのまま外に流れてしまうことにつながります。

面倒がらずにしっかりと化粧水をつけてから美容液をのせることです。今では化粧水前にブースターとしてオイルを利用する人が増えています。水とオイルというと相反するものの象徴で、これでははじいてしまって浸透どころではないと考えられるかもしれません。確かにそう考えるのは当然ですが、自分の肌をちょっと考えてください。

肌を外部刺激から守るものとして皮脂が分泌されているでしょう。脂という文字がつくようにこちらも油分です。普段はこの油分の上から化粧水をつけてもはじいたりしないでしょう。そう考えるとブースターとしてのオイルはありなのです。

ただ、どんなオイルでもいいわけではないので、利用する場合はブースターとして利用できる顔用のオイルを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です