化粧水の種類やその効果など

by:

ロダンANDフィールズ化粧品美容

朝晩は、基礎化粧の一つしても、化粧水でお肌を整えることが大切です。朝は、洗顔の後に、化粧水で肌を整えてから、昼用のUV機能のついた乳液をつけます。化粧下地で肌を整えてからファンデーションをつけます。夜は、クレンジングと洗顔の後に、化粧水をつけ、それから夜用の保湿美容液や保湿乳液などをつけます。

肌の特質によって、敏感肌用や乾燥肌用、オイリー肌用など、種類も豊富です。年齢に応じて、アンチエイジング対策のものを使うと、肌にハリがよみがえったり、くすみが取れたりします。年齢を重ねると、しみやそばかすが定着しますが、美白タイプの化粧水などを使用すると、日に日に肌が明るくなっていくのが実感できます。ビタミンCなども存分に含まれているので、肌が白く、きめ細やかな肌になっていきます。

素肌が白く、明るくなると、ファンデーションも色の濃いものをつける必要がなく、薄化粧でも、しっかり決まる肌になります。薄付きのメイクが今の流行ですので、素肌が美しいとそれだけで、メリットがあります。化粧水や乳液やクレンジングと洗顔の4つの基本的なセットは、化粧品でもトライアルセットとして、まとめて売られていることが多いです。最初のお試しとして、本品を買う前に、3週間くらいのお試しセットで肌に合うかどうかを試してみるのは賢いやり方です。

ドラッグストアに売られているので、試してみてから本品を買うことをおすすめします。きっと自分にあうものがあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です