化粧水の効果について

by:

ロダン+フィールズ化粧品美容

化粧水は洗顔後の素肌に一番最初につける基礎化粧品であり、肌を保湿してキメを整えるという効果があります。洗顔後の肌は保湿に必要な成分や油分も一緒に流れ落ちてしまった状態です。そこで基礎化粧品によって水分と保湿成分を補うことが大切であり、肌に潤いを与えて美容液などを浸透しやすい状態にすることもできるのです。水分を補うためにただの水をつけても表面が濡れるだけで奥までは浸透しません。

化粧水の成分も水が7~8割を占めていますが、肌の保湿に必要な成分が含まれているため、肌の奥に浸透しやすくなっているのです。化粧水は目的によってさまざまな種類があり、保湿意外に特に目的のないものや美白を目的としたもの、キメを整えるもの、古い角質を除去するもの、ニキビを改善するものなどがあります。さまざまな種類があるのでどれを選んだらよいのか迷ってしまうかもしれません。まずは普段用に一般肌用化粧水を用意し、目的に合ったものがあればそちらも使用してみると良いでしょう。

化粧水を付ける時は手のひらとコットンのどちらが良いのか気になっている人もいるかもしれません。手のひらを使う場合はコットンよりも肌への刺激が空くなkうなりますし、自然と毛穴が開いて肌の奥まで浸透しやすくなるということです。コットンを使う場合は手のひらに比べて肌への刺激が大きくなりますが、ムラなく十分に浸透させることができます。どちらを使う場合でも肌に優しく浸透させることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です