化粧水でうまく保湿する方法

スキンケアといえば誰しもすぐに思い浮かぶアイテムが、化粧水です。また保湿は、スキンケアの美容的な面からみても医療的な面からみてもたいへん重要です。お肌の水分量が正常でないと、例えば乾燥状態になっていればお肌のターンオーバーは上手く機能せず、乾燥肌や敏感肌のほか肌荒れなどのトラブルは続々と出現してくるでしょう。またお肌の水分と油分のバランスも生活習慣などで崩れてしまえば、乾燥や油分過多でまたもや肌トラブルを引き起こす可能性があります。

正しいケア方法を理解して、より効果的にアイテムを使いこなしましょう。そもそも化粧水は、スキンケアの工程において保湿というよりも給水の役割を果たしています。水分不足の乾燥なのだから、水分を補給しようというのは基本です。シンプルなスキンケアにこだわりすぎて、肌に塗るのはピュアオイルのみという美容方法もありますし、オールインワンジェル1つで済ませてしまうという方もいます。

しかし、オイルやジェルなどはお肌の水分が外に逃げないよう蓋をすることはできても、足りない水分を補うことは効率的にはできないのです。保湿は大切だとはいっても、きちんとお肌に保つ水分がなければ始まりません。カップに注いだ水は、そのままにしておくよりもラップなどで蓋をしておくほうが減りが少ないことをイメージして下さい。まずは化粧水でお肌へしっかり給水し、油分や密着性の高いジェルなどで蒸発を防ぐという方法が、効果的に保湿できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です