食事で乾燥肌対策をしましょう

by:

ロダン&フィールズ化粧品美容

一般的に、特に乾燥肌に良いとされている栄養素はビタミンA、B、C、E、亜鉛、セラミド、αリノレン酸等です。これらには角質層の水分減少の予防、改善効果に加えて毛細血管の血行促進効果もあります。乾燥肌の方は身近にある食品からこれらの栄養素を多く摂りましょう。では具体的にこれらの成分にはどんな効果があり、食品の中に含まれているのでしょうか。

ビタミンAとBには肌の潤いを保ち、新陳代謝を促進する効果があります。【ビタミンAが多く含まれる食べ物】鰻、アナゴ、鯖、鰯等の青魚、レバー、乳製品、卵、緑黄色野菜、海苔、ワカメ等【ビタミンBが多く含まれる食べ物】豚肉、レバー、卵、大豆、納豆等ビタミンCには、抗酸化作用(血液中の増え過ぎた活性酸素を除去する働き)、肌の潤いを保つ為に必要なコラーゲンの生成を促進する効果があります。【ビタミンCが多く含まれる食べ物】野菜や果物ビタミンEには、抗酸化作用、血行促進、肌の老化を引き起こす過酸化脂質を分解する効果があります。【ビタミンEが多く含まれる食べ物】アボガド、ゴマ、アーモンド、大豆、ナッツ類亜鉛には、細胞分裂に必要な酵素を働かせる効果があります。

【亜鉛が多く含まれる食べ物】牡蠣、卵黄、赤身の肉、タラコ等セラミドには角質層の水分保持、皮膚を外部の刺激から守る効果があります。【セラミドが多く含まれる食べ物】大豆、小豆、黒豆、コンニャク、わかめ、ひじき等αリノレン酸はセラミドを作る原料となり、細胞分裂を助ける効果があります。【αリノレン酸が多く含まれる食べ物】エゴマ油、魚油等です。これらの食品を日々の食事に積極的に取り入れ、乾燥肌を防ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です