乾燥肌に効く水分の摂り方

by:

ロダン&フィールズ化粧品美容

乾燥肌は、体の中の水分が足りていないことでも起こります。みずみずしい潤いのある肌の条件は、皮脂と水分です。このどちらが欠けても、綺麗な肌にはなりません。ダイエットのために脂肪分0のサラダばかり食べている人だと、皮脂の分泌が足りなくなることもあります。

すると毛穴から肌の中の水分が抜けてしまいます。皮脂は毛穴に蓋をして潤いを守る働きもしているからです。また、水分摂取が下手で乾燥肌になるケースもあります。最近では1日2リットルの水分を飲むことが勧められてますが、飲み方を間違えている人が多いです。

悪い飲み方とは、一気に大量の水を飲むことです。体が処理しきれないほどの水分を摂取すれば、肌の潤いどころか、全身のむくみの原因になります。特に重力の影響で下半身に水が溜まり、むくんで苦しくなります。体が使えるような水の飲み方をしなければ、むくむだけで乾燥肌対策にはならないということです。

正しい水分の摂り方は、常温の水を一回につき200ccずつ小分けにして摂ることです。少量ずつ摂れば、体が処理しやすくなり、消化器官に無理がかからないので、身体中に水分が行き渡るようになります。1日2リットルというのもあくまで目安ですから、体重の軽い人ならばもっと少ない方が良い場合もあります。また、季節によってはもっと飲んだ方が良い場合もありますし、もっと減らした方が良い場合もあります。

1回につき200ccずつと決めて、肌を潤すように飲みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です