乾燥肌のための日常対策

by:

ロダンANDフィールズ化粧品美容

お風呂でゴシゴシこすり洗いをしている人は、乾燥肌に注意です。垢すりやナイロン製のタオルなどで体を洗っている人もいますが、これは肌にとってかなりダメージになります。ひどい場合には、肌を刺激から守ろうとしてメラミンが分泌されて、それが沈着して取れなくなってしまうこともあります。固形石鹸をネットで泡立てて撫でるように洗うのが、肌に優しい洗い方です。

固形石鹸を選ぶ場合には、なるべく無添加のものか、必要最低限の保湿成分が含まれているタイプが良いでしょう。無添加のものだけが良いとされがちですが、乾燥肌の人だと、体に必要な皮脂まで洗いおとしてしまい、保湿が大変になることもあります。無添加のものを使うならば、お風呂上りの保湿はしっかり行いましょう。ローションや保湿クリームを使いたくないという人は、蒸しタオルやスチーマーを使って乾燥しないようにするのも良いです。

体を洗う時の注意点ですが、石鹸カスが残らないようにしましょう。石鹸カスが残っていると、それを餌にして肌の悪玉常在菌が勢力を強めてしまう可能性があります。石鹸の泡で洗ったら、その後2倍の時間をかけてしっかり洗い流しましょう。お湯の温度は35~38℃くらいのぬるま湯で洗うのがベストです。

洗った後は、清潔なタオルでふんわり包み込むようにしましょう。固いタオルでゴシゴシ拭き取るのはダメです。清潔なタオルで肌をポンポン叩くようにすれば、十分水気は拭き取れます。乾燥肌改善を目指して頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です