乾燥肌だと魅力が落ちる

by:

ロダン+フィールズ化粧品美容

雨が多く、湿気の多い都道府県は美肌の人が多いそうです。これに対して、雨が少ない、北風が吹く、といった条件が揃っている都道府県には、美肌は少ないです。美肌は美人の一条件です。どんなに顔や体の形が整っている人でも、乾燥肌だと不健康に見えてしまいます。

それだけではなく、なんとなく貧相に見えてしまうこともあります。乾燥肌対策には、良質な油が必要です。綺麗な肌を作る食材には、青魚、ひまわり油、紅花油、オリーブ油、などは肉類の油に比べて、脂肪がつきにくく、血液をサラサラにする作用があるので、肌が綺麗になります。肌にハリを与えるには、イソフラボンが有効です。

納豆、味噌、などに含まれています。女性ホルモンと構造が似ていて、コラーゲン生成を促す作用があります。カサカサの乾燥肌を改善するには、まずは表面の皮膚をターンオーバーによって蘇らせることが必要です。皮膚は生きた細胞の集まりで、時間の経過と共に垢として剥がれ落ちていきます。

乾燥肌の人は表面の角質が乾燥によって硬くなり、死んだ細胞がそのまま残っている可能性もあります。これに対しては、ターンオーバーを正常に戻して新しい肌にしてあげることが大切です。乾燥しすぎてターンオーバーの妨げになっている場合には、ピーリングという酸性の溶液で角質を溶かして落とす方法もあります。ピーリングは美容皮膚科など特殊な医療機関で受ける必要があります。

自分でやると生きている肌まで傷つけてしまうことがあるので、避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です