敏感肌のスキンケアの注意点

by:

フィールズロダン美容

肌が粉を吹いたように乾燥し、少しの刺激でもピリピリしてしまう敏感肌。皮膚が本来持っているバリア機能が壊れてしまい、紫外線や細菌などの外部刺激が肌の内部に侵入しやすくなってしまう辛い症状です。このような状態になってしまうと、バリア機能を保持するのに必要な脂質であるセラミドが流出しやすくなってしまうので、どんなケアをしても効果を実感できなくなってしまうのです。このような敏感肌の原因は乾燥や加齢の場合もありますが、間違ったスキンケアによって起こることも多いのです。

敏感肌になってしまったら、スキンケアを見直して今の肌状態に合わせたケアをするようにしましょう。肌が乾燥しているからといって、あれこれアイテムを重ね付けするのは逆効果です。化粧水すらしみる状態なら、化粧水は無理に付けずに、付けてもしみないクリームのみでケアするようにしましょう。バリア機能を回復させる効果のあるセラミド配合のクリームを使用すると症状の改善に効果が期待できます。

もっとも重要なのがクレンジングや洗顔の見直しです。洗浄力の高いオイルクレンジングは使わないようにして、クリームタイプや乳液タイプ、ジェルタイプのものを使用するようにしましょう。洗顔の際に熱いお湯で洗い流したり、長時間洗顔するのもNGです。敏感肌になってしまったと感じたら、スキンケアはできるだけシンプルにする必要があります。

石鹸でも洗い流せるメイクにして、洗顔後はクリームだけといった究極のシンプルケアで肌が持つ機能を取り戻すことを心がけましょう。ロダンフィールズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です