敏感肌の人がスキンケアで注意したいこと

敏感肌とは、肌のバリア機能が著しく低下しているため外部からの刺激に対してとても敏感になっている状態の肌です。敏感肌になる理由は様々あります。その大きな理由のひとつが肌の深刻な乾燥です。肌のバリア機能と言うのは、潤いによって維持されている部分が大きくあります。

そのため肌が酷く乾燥していると敏感肌に偏りがちになります。また肌が乾燥していると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期も乱れやすくなります。その結果、受けたダメージがなかなか回復されずにますます肌の場バリア機能が低下してしまうと言うことにもなる可能性が高くなります。ですからこうした場合には、スキンケアに工夫をすることが必要です。

化粧水やクリームを利用して、しっかりと保湿をするのが基本です。肌にも存在しており潤いや皮脂を抱え込む力があることから、バリア機能の維持にも大きな役割を果たしているセラミドが含まれているスキンケア製品を利用すると、改善効果が期待できます。そして敏感肌の人の場合は、スキンケアにも注意が必要です。肌にできるだけ刺激がかからないような製品を選ぶのが望ましく、また使用時にも肌を擦らないように、叩かないように使用することが求められます。

化粧水を浸透させる際には、コットン使用時にはやさしく肌に押し当てていく感覚で、手で塗る場合は掌で温めてから少しずつ浸透させていくのが望ましいです。クリームは肌の上で塗り広げるのではなく、掌や指の腹で温めてからスタンプのようにして顔にのせていくのが良いです。敏感肌だからこそ、スキンケア時にも刺激を与えないようにすることが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です