敏感肌の人のスキンケアの注意点

by:

ロダン+フィールズ化粧品美容

敏感肌の人は、合わない化粧品を使ったスキンケアを行うと皮膚が赤くなったり腫れてしまったりすることも多く、何かとスキンケア選びには神経を使います。低刺激のものを使う、なるべく洗顔しすぎない、顔をゴシゴシこすらない、保湿をしっかりするなどは恐らく敏感肌の人なら誰もが知っている知識だと思いますが、それ以外にも気をつけたほうが良い点について説明したいと思います。まず、低刺激、無添加、オーガニック製品の化粧品だとしても敏感肌の人にとっては合う合わないはかなり個人差があります。なので、絶対に無添加が良い、絶対にオーガニックじゃないとダメなど自分の中で枠組みを作らないように気をつけましょう。

無添加ではなくても自分に合う製品があり、気に入ってスキンケアに使っている人も多くいます。また、敏感肌の人は年齢や体調やホルモンバランス、気温や湿度などによって肌のコンディションが大きく変わる場合が多いので、スキンケアについては一つのものにこだわらず、生理前にはこのスキンケア、秋と冬はこういうやり方で肌を保湿する、などと臨機応変にケアの方法を変えてみることも大事です。また、保湿の点にばかり目が行きがちですが、保湿のあとにきちんと潤いを閉じ込めるために油分の補給も必要です。若い女性の場合、こっくりしたクリームやオイルはべたつくと敬遠しがちな場合も多いですが、実はきちんと油分を補い肌にバリア機能を維持させることで、外部の刺激から肌を守って潤いをキープしてくれます。

ぜひ自分にあった油分の補給方法を見つけると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です