美容液に配合されているセラミドとはどんなもの?

by:

フィールズロダン美容

美容液に配合されているセラミドは保湿成分で、細胞と細胞の間にあり、水分や油分を包有し、肌や髪の潤いを保っています。細胞間脂質の50%はセラミドからなっています。加齢や環境の変化で減少し、肌は潤いがなくなり、カサカサになってしまいます。肌の乾燥が進むと、角質層は紫外線から肌を守るバリア機能が失われ、肌のトラブルの原因となります。

肌の潤いと健康には欠かせない存在です。美容液に配合される保湿成分に、コラーゲンやヒアルロン酸もありますが、表皮の一番上は角質層であり、そこへ浸透しやすいのは元々そこに存在していたセラミドです。そのため、保湿効果の高い美容液に配合されています。価格的には高価な原料であるため、高額になります。

安いものもありますが、配合量が少ないためです。とくに、最近多くなっているナノ化された微粒子のものは、浸透力もアップしていますので、さらに高額になります。また、セラミドだけではなく、ヒアルロン酸やビタミンCなどが一緒に配合されているものは、肌の張りや弾力、しわ防止対策にも優れた効果があります。美容液としては、柔らかなクリームタイプが保湿力が高いようです。

顔の中心から外側へまんべんなく広げ、最後に手の温もりで肌に馴染ませるように軽く押さえます。必要以上に擦ったり、手の平でたたくようにするのは肌への刺激になりますので、注意してください。セラミドの最大の保湿効果を引き出すには、正しい使い方も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です